ジャーナリスト松村太郎氏と、 天然タンニン染めと厳選した革を使用しハンドメイドで仕上げる革ブランドROBERUとの共同開発による第3弾がVIVA JAPAN限定で登場。

[KOWAKI開発ストーリー: Text / Taro Matumura]

iPad miniとモレスキンのための小粋な小脇カバン。松村太郎電器の春の新作

私自身も大のお気に入りとなった7.85インチの小さなタブレット「iPad mini」。この美しくかわいらしいiPad miniのための「仕事の最小単位」のカバンをROBERUさんと一緒に作りました。名付けて「KOWAKI」。美しい革の質感とiPad mini+モレスキンという仕事がこなせる最小単位を、小脇に抱えることができるカバンです。

仕事に必要十分なデジタルデバイス、iPad mini

仕事に必要なデジタルツールとして十分なiPad mini。画面が小さくなって軽く携帯性も高まりつつ、しかしこれまで通りのiPadアプリはフル活用出来るという、非常に魅力的かつ、 すぐに便利さを享受できるデバイスとなりました。その軽さから、本を数冊持つよりもiPad miniをカバンに入れて電子書籍を読んだり、辞書アプリを使った方が良くなった点も、タブレットをより頻度高く持ち歩くようになった所以でもあります。

さらに、iPadアプリの更なる充実で、スケジュールからメモ、原稿執筆、画像加工、プレゼン作成など、普段パソコンでこなしている仕事のiPad miniで十分に対応できるようになってきました。Wi-Fiカフェやスマートフォンのインターネット共有機能のおかげで、モバイルルーターすらいりません。iPad miniは、私の仕事の中でも、会議や打ち合わせ、あるいはインタビューや取材などの仕事をこなす上で、必要十分なデジタルデバイスとなっていたのです。

愛用しているノートとペンは持ちたかった

一方で、直感やアイディアを練るノートも持ちたい。手書きのノートは、いくらタブレットがあったとしても、直感的な思考を妨げずに可視化するためのツールとして依然重要なポジションを占めています。もちろんタブレット用のスタイラスペンも充実してきましたが、やはりノートにペンを走らせる域に達しているとは言えません。

そこで、愛用しているノートとペンは持ちたかった。

iPad mini用のケースは多数出ているのですが、ちょっとだけ欲張ってノートが収納できるタイプのケースやカバンはなかなか見つけることができませんでした。そこで、ROBERUさんとともに、「新しいカバンにはiPad miniとノートを入れよう」というアイディアになったのです。僕はモレスキンのノートを大学時代から愛用していますが、一番好きなサイズのモレスキンであるハードカバー・ラージとiPad miniはほとんど同じサイズ出あることに気付きました。iPad miniは薄いので、モレスキンのアイコンであるゴムに挟めるくらいフィットします。似ているサイズの2つのモノを束ねて小脇に抱えられるスリーブ、あるいはカバンが欲しい。こうしてKOWAKIの原案が出来上がりました。

内装のこだわり。デジタルとアナログを持ち運ぶカバン

iPadを外と中で守れることにもこだわりました。ROBERUのレザー素材は非常に上質で、外側は光沢のある革の美しさを楽しむ事ができますが、内側はやや起毛し、iPadを優しく守ってくれる肌触りの良いバックスキンを実現しています。カバンの判型を一回り大きくし、厚みを作らずにiPad miniとモレスキンのハードカバー・ラージを余裕を持って収納できるようにしました。

また、内部には、パスポートやカードなどを収納できるポケットと、私がどうしても付けて欲しいとお願いしたペンスリーブが内蔵されています。このペンスリーブには、愛用の万年筆と、iPad用のスタイラスペンを2本刺して使っています。このスリーブも、ROBERUさんならではの工夫が施してあります。iPad miniとペンが同じ空間に入るということで、ペンの金具などでiPadを傷つけないよう、スリーブでペンをすっぽりと包むことができるようにしました。

こうして、アナログのノートとペンのセット、デジタルのタブレットとスタイラスペンのセットが、コンパクトに収まる、デジタル・アナログを持ち運ぶカバンが出来上がったのです。




外出、旅行、いつも小脇にあるカバン

取材や休日のお出かけに、飛行機での旅行に、いつも小脇にあるカバン。イベントの取材では、カメラを首から提げてKOWAKIを抱えれば、写真とテキストをきちんと記録することができる体制が整います。また、休日、ノートパソコンを持って行きたくないがデジタルツールが欲しいときにも、最良のパッケージングを提供してくれます。
飛行機の移動の時にも、KOWAKIだけシートポケットに入れておけば、本を読みたいとき、映画を観たいとき、ちょっとした言葉が思い浮かんだとき、アイディアを描きたいときの全ての場面にスマートに対応してくれます。パスポートや入国書類も、KOWAKIのポケットに入れておけばよいのです。

iPad miniがデジタルツールの最小単位を決め、いつもモレスキンとともに持ち歩く。そんなスタイルをスマートで上質に作り上げてくれるKOWAKIを、ぜひ皆さんにもお試し頂ければと思います。

[Text/ Taro Matumura]

岩元氏が語る、「KOWAKI 小脇」に抱えて颯爽と街中を歩く、ジップ式クラッチタイプのiPad mini Case

滑りの良いファスナーで収納がスムーズに行えます。中面には葉書やパスポートが収納出来るポケットとカードポケット、ペンを2本収納出来るポケットを装備しております。また、iPad miniよりも少し大きめに製作しているのでA5サイズのノートも同時に収納出来ます。ジップのグリップ部分はハンドベルトを付けておりますので、手首や指に引っ掛ければ持ち感も安定して本体の落下防止となります。これ一つでビジネスライフを成立する事も出来るマルチ収納型クラッチバック、まさに「KOWAKI 小脇」に抱えて颯爽と街中を歩くそんなイメージの作品です。

使用している革は張りと上品な光沢のある牛本革(ヌメ革)を使用しております。カラーは、日本の誇る革タンナーが染上げた2色をご用意致しました。自然と経年変化した様な色合いのキャメルカラーと、深く透き徹る色合いのルセットカラー(ワインレッド)の2色です。双方ともに使用して行くうちに艶と色の深みが増し自然なエイジングが楽しめます。(新色としてブラックが追加されました)

ワンランク上のマルチ収納型iPad mini Caseをどうぞお楽しみください。

[Text/ Shinji Iwamoto]

より機能性とデザインに特化したプロダクトを生み出すため、「Leather Factory Roberu for VIVA JAPAN」のロゴと刻印位置を変更させていただく事となりました。誠に勝手ながら、現行品の完売をもちまして順次、新タイプのお届けとなりますことご理解賜りますようお願いいたします。
※ロゴは写真右側のタイプへ変更、刻印位置は製品の内側へ変更させていただきます。

【カラー】
ワインレッド(ルセット)、キャメル、ブラック
【サイズ】
横幅 26.5cm / 縦幅 18.5cm
ハンドベルトの長さ 15cm / ハンドベルトの幅 1.5cm
【本体重量】約250g
【海外梱包重量目安】約900g
【素材】
本体: 牛本革(ヌメ革)

【ご注意】
- 返品・交換はお受けしておりません。ご注文の際はサイズやカラーをお確かめください。
- モニター環境、光の反射により、色味が写真と異なることがございますので予めご了承ください。
-本商品はKindle Fire HDも収納可能です。


ROBERU LINEUP

 

iPad mini ZipCase KOWAKI

[VIVA JAPAN限定] iPad miniとモレスキンのための小粋な小脇カバン

¥15,120
10,000円の注文で送料無料(家具等大型商品を除く)
カラー
ワインレッド

Choose Quantity

Item Code : matu_rbr_kowaki_wa

お支払い方法

代引支払、コンビニ決済、クレジット決済、paypal
海外発送はクレジット決済のみとなります。

  • Master Card
  • VISA
  • American Express
  • JCB
  • PayPal